中イキと外イキの違いはなに?4種類のイクを解説!

「恋人やご主人とのセックスは気持ちいいですか?」

「毎回ちゃんとイってますか?」

実は、オナニーではイケるけど挿入中ではイケないという人はとても多いんです。

 

セックスは確かに気持ちいいし、挿入されると感じるけど、でもイケないという悩みはよく聞きます。

また、外イキはできるけれど中イキができないという人も多いようです。

外イキの方が比較的簡単に体感できるんですね。

 

外イキと中イキはどう違うのでしょうか?

イッたことがない人がイクためにはどうすればいいのでしょうか?

そんな疑問を解明していきたいと思います。

また、「イク」には種類があるのでそれも解説していきたいと思います。

 

女性の「イク」の種類について

セックスでイケたとか、イケないとかいう話を聞くことがありますね。

実は女性の場合、「イク」には種類があるんです。

どんな「イク」があるのでしょうか?

大きく分けて4つの「イク」

恋人とのセックスやオナニーでオーガズムを得て満足している人はたくさんいると思います。

セックスできちんとイクことができると精神的にも肉体的にも充足感が得られて幸せな気持ちになりますよね。

でもイクって簡単にいっても、種類が色々あるんですよ。

外イキや中イキという言葉は聞いたことがある人も多いと思います。

でもその感覚の違いまできっちりわかる人は少ないのかもしれません。

 

実は大まかに分けるとオーガズムを感じるイクには、外イキ中イキ奥イキ両イキという4種類あって、イッたときの肉体的・精神的な感じ方も大きく違います。

女性の体って奥が深いものなんですね。

以下にイクということの4つの種類について解説していきたいと思います。

外イキ

引用元

外イキとはクリトリスという性感帯を刺激することによって起こるオーガズムのことを言います。

 

外イキにはクリトリスがポイント

クリトリスには快感を得やすい神経が集まっているので、初心者でもイキやすいポイントだと言われています。

クリトリスは外から刺激を受けやすい場所にあるので、オナニーや愛撫、セックスの時のクン二リングスなどでも比較的簡単にイクことができます。

 

外イキの感じ方

外イキの感じ方としては、体感的にはクリトリスがピクピクとしてきます。

余談ですが、クリトリスも男性のペニスと同じように刺激を受けて興奮すると、血液が集まってきて勃起します。

感じ方の特徴として、絶頂に向けて登っていくいくようにだんだんと気持ちよくなって、一瞬頭が真っ白になるような快感が得られます。

クリトリスの周辺がムズムズしてペニスを挿入してほしいとも感じます。

どちらかというと、瞬間的で短時間な絶頂です。

 

外イキする為のコツ

イッた後のクリトリスは非常に敏感になるので、触られるとくすぐったいような体がビクッとする感じになります。

外イキをまだ体感していない人は、オナニーで優しくクリトリスをチロチロと触ってあげると気持ちよくなって開発されると思います。

クリトリスを円を描くように刺激するのも効果があり、ローションなんかで濡らしてあげると快感を得やすいでしょう。

 

  • 徐々に上り詰めていくように気持ちよくなって、ふわっと頭が真っ白になる感じ
  • だんだん体が火照っていき、イク瞬間に体に電気が走るような感じ
  • クリトリスがピクピクして触られるとくすぐったくなる
  • 浅い快感なので、快感の余韻は短い

中イキ(膣イキ)

引用元

中イキとは、挿入時に膣の中のGスポットを刺激されることによって起こるオーガズムのことを言います。

 

中イキは難しい?

中イキは少し難易度が高い快感で、セックス経験者でも35%くらいの人しか経験がないオーガズムだと言われています。

というのも、Gスポットは見えない場所にありますし、人によってその場所も少しづつ違っています。

何より開発を要する性感帯なので、一朝一夕にはイクことができないというわけです。

 

Gスポットについて

Gスポットの場所は、上の図でもわかるように膣口から3~5センチ上がったところのお腹側にあります。

ちょうど恥骨の裏側辺りと思ってください。

刺激を受けて感じるとぷくっと膨らみます。

上にも書いたようにGスポットは開発することで快感を得られるようになる性感帯です。

 

しかし闇雲に刺激しても効果はありませんので、十分に愛撫をして女性を興奮させて愛液がたっぷり出た状態で開発を始める必要があります。

Gスポットが開発され、十分に感度が上がるとどんな快感が得られるのかというと、外イキよりも奥深い気持ちよさを感じることができます

体の一部分ではなく、体全体の深いところから全身が浮き上がるような昇るような気持ちよさが体感できます。

 

オナニーでの開発法

オナニーで開発する場合は、2本の指を挿入してGスポット辺りを指の腹を使って、優しくトントンとリズミカルにたたきましょう。

この動きは速いリズムでたたくほうが快感を得やすいのだそうです。

自分で開発する努力が少々必要な性感帯のようですね。

 

  • 体全体で快感を感じることができる
  • じんわりとした気持ちよさが長時間継続する
  • 体の奥の方から波が押し寄せてくるかんじ

奥イキ

引用元

奥イキとは、子宮口の近くにあるポルチオという性感帯を刺激することで感じるオーガズムのことを言います。

 

経験が必要な奥イキ

奥イキは経験と知識を必要とするなかなか難しい快感なのですが、その反面一度感じると忘れられないほどの気持ちよさを感じられる性感帯でもあります。

ポルチオは膣の一番奥の方、子宮口の近くにあるので、指の長い人しか触りにくいかもしれません。

 

奥イキする為には

ペニスが短めの人ではポルチオに届きにくい場合があるので、体位を騎乗位種付けプレス屈曲位などペニスが奥を突きやすい体位を使うといいと思います。

また、挿入する前に前戯をたっぷりしてクン二リングスなどで一度イクのを体感しておくと、ポルチオの位置が膣の入り口の方に下がってくるので、奥イキが実現しやすくなります。

感度も上がるので、ポルチオ性感帯も感じやすくなっていると思われます。

 

ポルチオの開発法と奥イキの感覚

体の感度が上がったら、膣の中に指やディルド、ペニスを入れてゆっくり刺激しましょう。

性感帯をトントンとつついてあげたり、ペニスを子宮口に押し付けたり、撫でまわしたりすると感じやすくなります。

このときオーガズムを感じると、強い膣痙攣が起きて何度も絶頂を感じて止まらなくなります。

これが奥イキです。

 

奥イキは瞬間的な外イキとは違い、体全体で体感する深い快楽が数分間続きます。

オーガズムが連続して起こるのが奥イキの特徴です。

 

  • 深い快感が数分間続く
  • オーガズムを連続して体感する
  • 精神的な幸せを感じるオーガズムである
  • 一度体感したらハマってしまう気持ちよさ

 

両イキ

引用元

両イキとは、挿入中にGスポットを刺激されたりポルチオを刺激されて中イキまたは奥イキをしながら、クリトリスも刺激され、中外同時にオーガズムを感じることです

 

両イキは中イキの次のステップ

両イキはクリトリスとGスポット、クリトリスとポルチオといった外と中の組み合わせでイキます。

セックスで挿入して中でイキそうになったとき、彼氏にクリトリスを触ってもらうことで両イキできる可能性が高まります。

 

この両イキが一度体感すると病みつきになると言われています。

中イキを体験出来たら、さらに次のステップとして両イキをぜひ体感したいものです。

 

とはいえ、両イキは外イキや中イキなどに比べるとさらに難易度があがって、男性のテクニックが必要なのはもちろんのこと、女性側も外と中の性感帯がある程度成熟していないと、なかなか両イキは実現しないものです。

 

まず中イキを会得する

一度経験すると病みつきになると言われている両イキ、どれか一つのオーガズムだけとは比べ物にならない気持ちよさだということは想像に難くありません。

彼氏とのセックスをもっと充実したものにするためにも、是非とも両イキを会得したいものです。

そのためにはまずは、中イキをしっかりと自分のものにすることが第一だと思います。

 

両イキ経験者になるために

オナニーで自分の性感帯の場所をしっかり知ることも大事ですし、アダルトグッズなどを使ってどこをどうすれば自分は感じるのかということを知ることが大事です。

彼氏にセックスの時、

「ここが気持ちいいの・・」

と伝えて、今までよりもワンランク上のクスをすると両イキにつながってお互い気持ちよくなれると思います。

 

  • 外と中の快感が一度にやってくるので、昇天してそのあと脱力して動けなくなる
  • 一度味わうと病みつきになる気持ちよさ
  • 自分はいったいどうなるのかと思う程気持ちいい

 

イッたことがない女性がイクためには?

セックスをしていて、「イク」というのは心も体もとても満足できて非常に幸せな気持ちになれるものです。

でも、まだ経験が浅かったり、テクニックの問題だったり、性感帯が開発されていなかったりといった様々な理由でイッたことがないという人も多くいらっしゃいます。

そんな方々にもぜひ「イク」体験をしてもらいたいと思います。

そのためには、自分で性感帯を刺激するアダルトグッズがオススメです。

外イキ→バイブ


外イキを経験するにはバイブを使うのがいいですよ。

クリトリスの刺激には指よりもバイブの方がずっと気持ちいいしイキやすいです。

 

バイブのオススメ

バイブの中でもICピンクローターはクリトリスを刺激するのにぴったり。

これでなら外イキもすぐにできちゃうと思いますよ。

見た目も可愛いピンク色で手のひらサイズなので、初めてアダルトグッズを買うという人も扱いやすいと思います。

見た目にもいやらしさがないのもいいところ。

 

使い方は色々

しかし、これがなかなか有能で、クリトリスに使うだけでなく、乳首に使ったり、膣に挿入してみたり、はたまたアナルにまで使える万能グッズなんです。

彼氏が居る人は、セックスの時のおもちゃとして二人で盛り上がること間違いなし。

そして肝心の、まだイッた経験がない人も、まずは乳首や太ももから攻めて、気持ちが高ぶってきたらパンツの上からクリあたりを、後は自分の気持ちいいポイントを重点的に攻めるときっとイクことができますよ!

 

中イキ→ディルド

アダルトグッズとして常に人気が高いディルドですが、これが中イキの練習のためにオススメなんです。

最近のディルドは良く出来ていて、うまーくGスポットなんかを刺激するように出来ています。

指を使ってオナニーしているよりずっと中イキの練習になります。

 

ディルドのオススメ

数多くのディルドの中でもマリンビーンズが秀逸。

見た目は可愛いクリーミーグリーンの愛らしい形なのに機能は優秀で、ヘッド部分にモーターが搭載されていて気持ちのいい振動を与えてくれます。

ヘッドの部分はGスポットをピンポイントで刺激できるようにツンととがった形状をしているんです。

クリトリスへの快感も逃さないように二股に分かれた子機がくっついています。

出し入れするたびにクリトリスへのもどかしいような刺激を感じで、快感に浸れること間違いなしです。

 

\中イキしたい人にオススメ/

>>クリ、Gスポット、ポルチオの3点イキを今すぐ体験!<<

オナニーの必需品

オナニーはした方が性感帯が磨かれて感度を増すと言われています。

そのときにマリンビーンズを使うと、いい感じにGスポットが刺激を受け、中イキに繋がるんですよ。

中イキの練習グッズとして是非マリンビーンズを使ってあげてください。

 

まとめ

一言で「イク」といっても、中イキ外イキ奥イキ両イキがあるということがわかりました。

外イキは意外と簡単で、多くの人が体験しているけれど、中イキ、奥イキ、両イキは経験や知識、性感帯の開発が必要なんですね。

それでも、女性として生まれてきて、身も震えるほどの快感を体験しないのはもったいないこと。

オナニーでしっかり性感帯を開発して彼とのセックスでも膣の中でイケるようになりましょう。

オナニーは恥ずかしいことじゃなく、性感帯を磨いて感度を増す行為なんですから。

最新情報をチェックしよう!