【確率9割以上?!】デリヘルで本番できる嬢の見極める方法はシティヘブンの○○が鍵!【第2話】

かつて昭和・平成の時代に隆盛を極めた西川口、令和に入りすっかり様変わりした西川口の街の片隅で運命の出会いを果たした飛田シンジと謎の男「キッコー万太郎」。

 

西川口で長年居酒屋をやっている年老いた老人などが万太郎と懐かしそうに話しをするなど、色々と謎は多いが、どうも知る人ぞ知る男のようで風俗に詳しそうなこの男だが、その正体は!?

 

シンジの不純な「本番できる風俗嬢を教えて欲しい!」というまっすぐな問いかけに、失笑交じりで男が口を開く。

 

第二話 「本番できる嬢の見極め方~見知らぬ天井~」

万太郎
「本番できる風俗嬢・・・ねぇ。見るべき点はいくつかあるな・・・」
 
飛田シンジ
「それがわかれば風俗遊びがもっと効率的に楽しめるし失敗しないじゃないですか!」
 
万太郎
「失敗ねぇ・・・ま、その考え方も一理あるっちゃあるが、どうかな?」
 
飛田シンジ
「それ以外に何があるって言うんですか!安く本番できればそれ以上何もないじゃないですか!!!」
 
 
万太郎
「ほぅ、じゃぁ、本番できる嬢っていう以前に、『風俗嬢』について知らないといかんみたいだな(笑)」
 
 
マスター
「・・・兄ちゃん、万さんが直々に話すなんて、そうあるこっちゃぁないぜ?まぁ、万さん、久々だしゆっくり若い兄ちゃんに教えてやってくんな。俺も久々だから万さんの話、聞きてぇや(笑)これは俺の気持ちさ!やってくんな(笑)」
 
 
そう言うと居酒屋のマスターが万太郎にビールを差し出した。
大ジョッキを半分ほど飲み込み、万太郎が話し始めた。

そもそも「嬢」は何故風俗で働くのか

万太郎
「そもそも、『風俗嬢はなんで風俗で働くか』、考えたことあるかい?」
飛田シンジ
「え?そりゃぁ、エッチなことして楽に金稼げて、気持ちよくなれて、俺が女だったらやりたいぐらいですよ!」

 

 風俗で働く女の子、一般の皆さんからみればある意味魅力的に見えたり、楽して金稼ぎやがって!と見たり、気持ちよくなれて金も稼げていい身分だよな!と見たり、見方や感じ方は人それぞれで、すべてが正解であり不正解だと私は思います。

 

 

「エッチが好きだから」という理由で働いている子は、残念ながらほぼいません。

同時に、ほぼ100%が何らかの理由で

 

「お金のため」

 

と割り切って仕事をしています。

中には「客の顔なんて諭吉にしか見えない」と豪語する子も少なくはありません。

 

本音と建前はもちろん使い分けるので、お客さん向けには

「エッチが好きだから♥」

なんてリップサービスする子もいますが、まぁ本音の部分でそういった子はいないと考えた方が間違いはありません。

 

彼女達はコンビニバイトでは手にすることができないような高額な給料を手にするために風俗の仕事をしているんです。

夢を壊しちゃいましたね(笑)

 

しかし、逆にそれがわかった上でであれば、策はいくらでもあるのです。

何例かの実際にあるケースを紹介します。

 

A子の場合 劇団員の裏の顔は・・・

役者を夢見て上京したA子、念願の劇団に入団し、ひたすら稽古漬けの日々。

まだまともな役はもらえないけど、やっと訪れた「公演」に向け、日々の稽古にも熱が入る。

同時に忍び寄る「現実」

 

月々のレッスン料に加えて公園に向けての出費。

「バイト・・・増やさなきゃ・・・」

アルバイト情報誌を目にしながら「でも、バイト増やしたらレッスンが・・・」うつむくA子。

時間と金、その両立を図るために始める事になった「風俗」でA子は見事ブレイクする。

 

「エッチが大好きな女の子」を「演じきって」瞬く間に店のナンバーワンへと上り詰めたA子。

 

稽古の時間もそれまでのバイトよりも短時間で、数倍~数十倍の収入を得ることになったA子はこう振り返る。

 

A子

「もちろん、嫌なこともたくさんあったし、怖い思いもしたけど、風俗で稼げなかったら私は何のために上京したのかわかんなくなっちうもんね。嫌なことでも楽しんでる演技して、私なりにがんばったんだ・・・

 

B子の場合 シングルマザーのもう一つの顔は・・・

高校を出てなんとなく就職し、なんとなく結婚して、なんとなく幸せな家庭を築いていたB子。

そんなB子に訪れた夫の浮気。

若い会社の女子社員との浮気に本気になった夫からの離婚、慰謝料だけでは足らず、子供を保育園に預け営業の仕事を始めたB子。

 

育児ストレス、仕事のノルマに追われ、自分の時間などあるはずもない。

保育園の集金や会社での急な出費に頭を悩ませるB子の前に訪れた転機。

子供が保育園に言っている間だけ風俗の仕事を始めたB子が会社を辞めたのは入店してから1ヵ月後のことだった。

 

「少しでもお金作って、子供のために頑張らなきゃ・・・」人知れず覚悟を決めたB子。

 

それからのB子の人気は凄まじいものがあった。

子供との時間も充実しているといい、楽しそうに子供との写真を見せるB子。

朝から夕方までの限られた出勤で、移動時間しか休憩できる時間はないほどに人気と収入を得たB子はこう振り返る。

 

B子

「確かに、お客さんが求めてることやらなきゃってのはあるけど、全ては子供のため。もうちょっと貯金作ったらまた昼食に戻るわ。でも、もうちょっとだけ・・・」

 

C子の場合 地味なC子の華麗な変身

学生時代もクラスで「地味」な存在だったC子。

せっかくできた友達の誘いを断りきれずにホストクラブへと足を踏み入れる。

他人から認められることの少なかったC子を褒め称えるホスト。

 

そんなホストに、いつしかC子は本気でのめり込んでいた。

嵩んで行く未払いの「ツケ」、消費者金融で借りた金で他の消費者金融に返済と言うまさに自転車操業をしながらも、ホストのところへ通ってしまう日々。

 

ある日「これ以上未収(ツケ)できないから・・・」C子の連絡にもだんだん返す頻度が減ってくるホスト、最後の電話は「金がなきゃ何も出来ないよ?身体でも何でも売って金作ってきたらいいじゃん。そうやって頑張ってる子、いっぱいいるよ?」

 

このホストを愛していたがホストは「客・金」としか見ていないという現実を知り目が覚めたC子は全てを失った気分に陥り、自殺すら考えたが死ねず、残ったのは多額の消費者金融への借金だけだった。

 

ホストからの電話の変わりに鳴り止まない消費者金融からの督促電話。

C子は風俗で働くことにした。

あれほど悩んでいた督促電話の本数も徐々に減っていき、消費者金融への返済を全て終わらせたC子。

返済がなくなった後は貯金を作りながらたまにホストに飲みに行くC子はこう振り返る。

 

C子

「ホストに踊らされて、借金作って、身体売って・・・誰からも認めてもらえなかった私だけど、お客さんは認めてくれたし、求めてくれた。金で苦労したから、今度は金で見返してやるんだ・・・

 

 

本番をするためには男側も努力が必要!

この3例の子達、どの子も相当の覚悟を持って「風俗業界入り」してきました。

当然、全員に共通しているのは「お金」のために「お客さんが望む姿を演じきる」と言うこと。

考えてみて下さい。

いくらお金のためとはいえ、一日に何人もの「お客さん」を相手にする風俗嬢。

彼女達もお金と体力など様々なものを天秤にかけながら日々立ち回ります。

 

一番安いコースで、更に割引を使って、入室した瞬間からガッついて来るようなお客様と、少し長めのコースで時間にも余裕を持ってくれるお客様では女の子の気持ちももちろん変わります。

 

彼女達もどこかで「このお客様にはリピートして欲しい」「このお客さんはもう来て欲しくない」の線引きをしているのです。

 

同時に「リピートして欲しい」お客様にはそれなりのフックを仕掛けてきます。

 

  • 「次は○○してみたいなー♥」

  • 「○○のホテルってちょっと高いけどお客さんに似合いそう♥」
  • 「次も来て欲しいからラインとか交換できないかな?」

 

こんな台詞を聞いたことのある方、いらっしゃいませんか?

この台詞なんかを聞いたことがある人は「スタートライン」には立てている証拠です。

好感触の「リピーターになって欲しい人」にはなれているのです。

この手の場合は何回か(2~3回)通えば自然な流れでできる事も少なくありません。

 

飛田シンジ
「ふむ、なんとなくはわかるんですけど、もっとこう・・・一撃必殺みたいなのってないですかね?」
万太郎
「なかなかせっかちな子だねぇ。まぁ、あるっちゃあるよ(笑)」

上級者向け ツールを上手く使って見破る

みなさんは「風俗遊び」をする際に何らかのサイトを使って検索していると思います。

風俗業界の中では現状の信頼度では「シティヘブン」の一人勝ち、とも言えるような状況です。

掲載店舗数もさることながら、掲載人数、また、個人的には「負の遺産」とも言うべき「写メ日記」で、風俗嬢たちは日夜自分を売り込んでいます。

 

少し話は逸れますが、ヘブン独自の「マイへブン」という機能を御存知の方はいらっしゃいますでしょうか?

これは、「ヘブンの無料会員登録」をすることで、それまでよりも強固な「年齢認証」ができることによって、店舗側へ「より過激な写真」の掲載を促しています

もしまだ知らないって方は登録もいいかもしれません。

乳首までは全出し出来る仕様になっていますので、気になる子のリサーチには便利です。

 

これ以上に過激な写真は写メ日記に多数上がっています。

 

 

話しを戻すと、先程「シティヘブンの一人勝ち」と言いました。

そのヘブンでまずは見るべきポイントは

 

女の子の出勤状況

 

中には「12時~24時」「17時~翌5時」なんて殺人的な出勤を毎日してるような女の子、いませんか?

 

そうゆう子は他の子よりもアツいんです。

 

理由としては、風俗嬢の契約システムにあります。

 

ちょっと前に流行った「新宿スワン」、御存知の方も多いかと思いますが、アレ、スカウトのお話なんですね。

まぁ、スカウトが違法なのは別の機会にお話しするとして(笑)

 

スカウトマン経由で店に入ってくる女の子

しょっちゅうムチャな出勤時間&連勤の子がいるお店だったり、やたら顔出しでスタイル抜群の女の子がひっきりなしに新人入店しているようなお店、不思議ですよね?

都内とかなら「なくもない・・・のか?」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、地方の田舎のデリで・・・なんてなったら謎は深まるばかり。

 

その答えは、お店の要望に合った女の子をスカウトマンがお店に送り込んでいるんです。

 

もちろん、スカウトマンにも「スカウトバック」が発生し、女の子が稼げば稼ぐだけスカウトマンの実入りにもなる仕組みです。

 

同時に、スカウトマンとしても、女の子に対してのメンツがあります。

そこで「最低保証」というものが女の子には着く事が多いのです。

 

1日12時間勤務で写メ日記7本以上、クレームもなければ5万は保証するよ

 

とかそんな感じで女の子・スカウト・お店での契約がされるのです。

女の子側のメリットとしては出た日数×補償額は確実に持って帰れる金額、と言うことになり、最低の稼ぎのめどが立つ、と言うことになります。

 

そう、一般的に風俗嬢たちは「時給制」ではなく、あくまで着いた接客の本数に応じた「歩合制」の給与体系なのです。

だからこそ、最低保証があるとないとでは精神的なストレスも大きく違います。

 

しかし、そこに落とし穴があります!!

 

そもそも12時間の出勤で何人のお客さんを相手にするのか、想像してみてください。

しかも、保証の条件の中の「クレームもなければ」、下手な接客をしてクレームなんかもらっちゃった日には約1週間とか10日分の保障が水の泡になってしまうんです。

当然、店側も最低保証がある時点で、それ以上に稼いでもらわないと「赤字」になってしまうので「ムチャな付け方」でも当たり前にしてきます。

毎回全力で接客して、終わりかけの深夜に本日10人目のお客さん・・・なんて想像してみて下さい。

 

「クレームの出ないパーフェクトな接客」できますか?

 

食事すら移動の車の中なんてのもザラです。

 

 

地方から大都市へ、大都市から地方へ

 

 

そもそも風俗で働いていることを「身バレ」したくない女の子たち。

そんな子にもスカウトマンは囁きます。

 

スカウトマン
「月の半分地方でパーッと稼いで、残り半分余裕で遊べるじゃん?そんぐらい稼げるよ?」

 

確かに。

地方のデリからすれば「東京から来たS級モデル!」とかで売り込めますからねぇ。

都内が地元の子と仮定すれば、地元のお店で「知り合いにバレるかも・・・」と思いながら働くよりも、絶対に知り合いのいなそうな地方で気楽に稼いだほうがいい!となるのもわかります。

 

つまり、その手の子達は、出稼ぎ先の地方で「変な噂」が立とうが自分の生活には関係ない、と妙に割り切れちゃうのもポイントなんです。

地元で「変な噂」が広まって、そこから身バレに繋がりでもしたら・・・

まずそこでの生活をあきらめる選択も視野に入れなければいけなくなります。

その点、「まずこんな町、もう一生来ないだろうな。」と思える場所であったら・・・

 

飛田シンジ
「スカウト経由で入ってくる子は自分が住んでないところなら・・・でも、さっきのクレームの話と何が繋がるんですか?」

 

万太郎

「仮にシンジくんがデリ呼んで、自分の思ってたような子じゃなかったとする。プレイも想像と違ってたとする。そしたら場合によってはクレームの電話だって入れるかもしれないね?」

 

飛田シンジ
「当たり前ですよ!安い金額じゃないんだから!」

 

万太郎
「もし、本番できたら、クレーム入れるってなるかね?」

 

飛田シンジ
「!?」

 

ボロ雑巾のように疲れ果てた女の子たち、お客さんの好みやプレイの趣向がみんな違うのなんて誰もがわかりきっている。

それだけに、「私の○十万を水の泡にしないで!」と本番を持ちかけてきて口封じをするケースが全国的に増えてきているのだ。

 

見知らぬ土地の見知らぬ天井を眺めながら、彼女達は何を思うのでしょうか?

お店では「本番禁止」その「本番」をしたことがバレたら、ソレこそおっかない人に何言われるか・・・なんて考えちゃうだろうし、そもそも、「本番できた!」ってことに満足してクレーム入れようって気が起きないのでは?

 

この様に、風俗検索サイトを見ていても、見ればわかる「表の情報」もあれば深読みできる「裏の情報」まで御丁寧に載っているのです。

 

もちろん、そう言った見分け方以外の方法もあります。

 

当たり前の事を、当たり前に

 

ヘブンなどのそういったツールは便利ですし、本番交渉もやりやすくすることはできるものです。

しかし、ここは逆に原点に戻るのが一番の近道なのかな、とここ近年は私は感じています。

 

 

昔の女の子たちは仕事は仕事でキッチリこなしていればしっかり稼げた、という時代も経験しています。

しかし、このデリヘル乱立時代、女の子たちは

 

  • 接客への不安」
  • 「収入への不安」
  • 「身体の不安」

 

などと戦いながら、そんなそぶりも見せずに日々仕事をしているんです。

以前に私が他の媒体で「日本の風俗嬢の推定人口」について触れたことがあります。

 

稼動している店舗と平均の在籍数などから、約30万人と数字で割り出しました。

成人女性のおよそ20人に1人が風俗嬢という計算でした。

 

もちろん、そこに「現役引退した嬢」や「違法店で働く未成年」なんかも入れたらそもそも推定計算すらできないレベルの数字です。

 

つまり、現在働いている風俗嬢のライバルは30万人近くいる、ということなのです。

 

その競争に勝たなければ、思ったような収入を得られないどころか、1円にもならずに帰る嬢もいる世の中なのです。

 

そんな不安を抱えた上に

 

こっちは金払ってんだ!

 

と雑に、「モノ」のように扱われたり、「汚い」(なら来んなよ!と突っ込みたくなりますが)と言葉や態度で出されたり・・・考えただけでも頭が下がります。

 

彼女達のしてくれるサービスは、文字通り性的なサービスであり、一般的には恋人や夫婦間で行われることです。

その行為に「金払ってんだ!」もなければ、嫌われたくないからこそ「雑に扱う」事もなく、当然「汚い」なんてことも思わないと思うんです。

 

当たり前にサービスを受け、当たり前の事を当たり前にする。

 

それだけで、日々様々なストレスを感じながら仕事をしている女の子たちは逆に癒され、心も身体も開いてくるのではないかな、と感じるのです。

この記事でも触れた「ヘブンの写メ日記」なんてその最たるものです。

 

昔は

 

女の子のことが知りたいなら金払って入ってって下さい!

 

な時代でした。

 

好きな食べ物や好きな音楽のリサーチすらお金を払って、接客中にトークの中から聞き出したもんです。

それが今では、「お金払って見に来てもらうもん」だった乳首まで無料で日記に上げる様な時代。

サービスを提供する女の子側も、疲れきってるのではないでしょうか(笑)

接客以外でもプライベートの時間や休憩できる待機の時間を「日記を書く」事に割かなくては「稼ぎに影響する」時代に変わってしまいました

 

 

そうなると、仕事以外の仕事、という形になるので全くストレスフリーでの接客はありえない、ましてやその接客中に過度のストレスをお客さんから与えられる・・・

 

 

 

 

みなさんも「どうせならいいサービスを受けたい」と思いませんか?

そんな疲れきった女の子たちに、

 

  • ちょっとだけ優しくしてあげる
  • ちょっとだけ気遣ってあげる事

 

心のハードルはグンと下がります。

 

ムリに自分を出そうとせず、女の子を気遣ってあげることこそ「ちょっといいサービス」「特別サービス」への近道だとは思いませんか?

 

もちろん、無理矢理本番したらそれは単なる「レイプ」です。

警察沙汰に発展したり、怖いお兄さんたちに・・・なんてこともあるのでそこは御用心(笑)

 

飛田シンジ
「なるほど。写メ日記やヘブンをよく見ることとちょっとした気遣い、かぁ・・・」
万太郎
「シンジくんもされたら嬉しいことを、逆にちょこっとしてあげたり、声をかけてあげればそれだけで印象は良くなるからねぇ。」
飛田シンジ
「確かに言われてみれば当たり前なことなんですね。」
万太郎
「ある意味、当たり前なことすればハードルが下がる時代ってのもどうかと思うけどね。」
飛田シンジ
「確かに。あ!じゃぁ、『当たり前に本番できるソープランド』ってすごいところなんですね!」
万太郎
「うーん、その認識もちょっと違うんだよなぁ(笑)」
飛田シンジ
「え!?何が違うんですか!?」
万太郎
「よし、じゃぁ、次はソープランドについて、話して行こうか(笑)」

 

葛城ミ〇ト

他人との接点を最小限にとどめ生きてきた男、飛田シンジ。
彼が心を開くのは、画面の中の女だけだった。
自分より女の扱いになれた男に、シンジは惑う。
次回、『シンジ、心のむこうに』ソープランド編もサービス、サービスゥ!

 

💖アダルトビデオはVRで見る時代です💖

 

Q:VRでアダルトビデオ見たことはありますか?

おそらく多くの人は「ない」と答えるのではないでしょうか?

結論から言います。

「人生損してますよ!」

そろそろ普通のオナニーにも飽きてきた頃でしょう?毎回シコシコするのは気持ちいいけどなにか物足りない。

そんな方におすすめしたいのがエロVR動画です。

 

アダルトで有名なDMM(現:FANZA)はVR専用のアダルトビデオを6400タイトル以上配信しており、業界トップの数です。

VRの映像となると普通のAVよりも制作費がかかっておりちょっと高いのでは?とお思いかもしれませんが、実は安いものだとレンタル300円〜あります。

なのであなたが思っている以上に高くないのでご安心ください!

 

更にFANZAは良心的なことに「無料体験」も用意しているので、どういった見え方でエロVR動画を体感できるか事前に体験してもらった後に納得行くものであれば実際に好きな女優さんやシチュエーションの動画を購入することができます。

今までのオナニーに飽きた人新しい物好きの方まずはFANZAのエロVRを体験して見てください!

 

\まずは無料でVR体験してみよう!/

 
最新情報をチェックしよう!
>TokyoMotionって安全なのか?

TokyoMotionって安全なのか?

無修正エロ動画を見るなら「TokyoMotion!」という人も多いでしょう。 しかし、謎のサイトに飛ばされたり、ウイルスに感染したりとエロ動画を見ようと思っただけで面倒なことになった経験がある人もいるのではないでしょうか? そんな方の為に今回はTokyoMotionも危険性とそれでも見たい方へ安全にダウンロードする方法を解説します!

CTR IMG